美肌は一日にしてならず

肝斑とシミを薄くするため、美容皮膚科でメドライトというレーザー治療を受けている。このレーザー治療は、特に肝斑に効果があり、複数回施術を受けることで徐々に肝斑とシミを薄くするものらしい。これまで効果があるのかないのか今ひとつわからない状態が続いていた。が、先日5回目の施術を受け、最近ようやく効果を感じ始めている。まず、肌色のトーンが明るくなった。最初は、いつもほったらかしにしている顔そりを施術の前にしているためかと思ったが、それだけとは言いがたい微妙な違いを感じている。シミなのか肝斑なのか良くわからない色むらも薄くなってきたと思う。あと5回残っているコースを終えるまでに、どれだけ変化するか楽しみになってきた。そして変化を実感できるようになると、これまでずぼらを極め何も手入れをしなかった私も、美肌に興味を持つようになった。日焼け止めをぬり日傘を差し、洗顔後は保湿も心がけている。手をかけてあげればすこしずつだが肌は応えてくれるようだ。楽しみになってきた。スリムビューティーハウスは骨盤ダイエットが有名です

急激な円高で大きな損失が出る

本業だけでは十分な収入を得ることが出来ないので、何か投資をしようと思い、FXを行っています。
ドル円で取引を行っていますが、予想を立てることが難しい時もあります。
円安になるだろうと思った時に限って、急激な円高になってしまうこともあります。

そこで含み損が発生します。
以前は慌てて損切りを行っていましたが、損切りを行った直後に自分が思っていた方向に動き出すことも多かったので、損切りをすること自体を止めました。
そのままにしておけば良かった、と思うことが多すぎるのです。

そこで利益が出るまで放置をすることにしました。
昨年の円安の状態までは回復をすることがないと思ったので、さすがにそれは損切りをしました。
20万円以上の損失を生み出してしまい、物凄くショックでした。

円高すぎるのも良くないですし、円安すぎるのもよくない。
ではどれくらいがベストなのでしょうか。
円高になりすぎてしまうのも、経済的には損失が大きいようです。