大学時代の友人との繋がりについて

大学の時の友人とは、ほぼ連絡を取らなくなってしまいました。学生時代は、サークル活動には参加しておらず、学部の友達とは仲良くしていました。3年生までは、毎日のように授業で会ってましたし、個人的には高校までとは違う人間関係を築きたいというのもあって定期的に飲みに行っていました。
私達は、どちらかというと目立たない方のグループに所属していました。また、メンバーの数もそんなに多くなかったです。
大学を卒業して、それぞれの進路に進みました。当時は特にエリートもいなかったように思います。最初のうちは、これまで通り、定期的に飲みに行っていました。ただ、段々と頻度が減っていきました。地方の友人もいて、ある時期に職場が地方に移りました。それにより物理的な壁ができてしまいました。年に1回も会えなくなりました。
その後、ある友人はもの凄く出世してました。それにより、住む世界も変わってしまいました。何とか時間を作っていた飲み会もなくなりつつあります。
これは一時的なものかもしれないし、特別喧嘩をした訳でないので、いつかまた繋がりができるのかな。ヒゲ永久脱毛|副作用や施術にかかる金額@ヒゲの脱毛が人気の理由